作業をする上で、してはいけない事例を紹介します。

タコメーター ギアドライブシャフトのストッパーのネジ


RZ のタコメーターは現行車のような電気式ではなく、機械式なのでエンジン内部にケーブルを駆動するためのギアが着いています。
そのシャフトの抜け防止用のストッパーがついているのですが、そのストッパーはスクリュー 2 本でクランクケースに固定されています。RZのエンジンは基本設計が古く、多くの部分に通常のボルトではなくドライバーでまわすスクリュー(ネジ)が使用されています。

ストッパー下側はクランクケースの雌ネジの穴が貫通しているので常時ミッションオイルで潤滑されますが、上側の穴は貫通していないので、固着しているケースがとても多いです。
無理に外そうとするとネジ溝をナメてしまったり、最悪折れてしまう場合もあり、ショックドライバーやネジザウルス使っても緩まないときには諦めたほうが無難です。

タコメーターギアドライブシャフトのストッパーのネジがはまった状態
タコメーターギアドライブシャフトのストッパーのネジを無理にまわしてネジが折れた状態

ダサダサ 出目金メーター


RZのメーターはトップブリッジにラバーマウントされています。

正しい取り付け方はトップブリッジの下側にメーターのステーを固定するのですが、トップブリッジの上側にステーを固定している車両を多く見ます。

上側に固定するほうが作業しやすいのは解るのですが、ライトとメーターの間に隙間ができしかもメーターが出目金のように上に上がってしまってかっこ悪いです(笑)
知らずに上側につけてる人は、恥ずかしいのですぐに直しましょう。