以前までは普通に乗っていて、少し乗らなくなって再びエンジンを掛けようとしたら
プラグに火が飛ばなかったということです。
オーバーフローでしているのでプラグがかぶっている可能性があるということで
新品に交換したけど火花飛ばず…。
火花が飛ばないと言えばCDIユニットの故障を想像しますが、
まともに動いていたCDIが乗らない間に壊れることはないので、原因を調べました。
キルスイッチ
メインスイッチ
ピックアップコイル
チャージコイル
イグニッションコイル
CDIユニット
テスターで全て、導通、抵抗値を確認しましたが問題なし…。
判らない時は問題の可能性があるパーツをまともに動いてる物と
取り替えてみるのが一番ということで、試してみたらイグニッションコイル
(プラグキャップ)が原因でした。
キャップの差込部の端子の金具がダメになって接触不良を起こしていました。
あとから確認してみたらテスターの先を当ててみて電気が流れる部分流れない部分が
ありました。
今までに経験したことがない不具合でしたので、少し悩みましたが
原因がわかり一安心です。
こちらも直さずに、ウオタニSPコイル + イナズマワイヤーに
交換することになりました。

86_RZ250R_3tenkakei1

86_RZ250R_3tenkakei2

86_RZ250R_3tenkakei3